中国空軍空降兵軍が総合演習を実施


人民解放軍空軍空降兵軍のある旅団は重量装備品の空中投下や戦闘訓練など総合演習を実施した。
兵士や重量装備品を載せたY-20、Y-9は豫北平原から数千キロ先のゴビ砂漠に向かい空中投下。48時間の戦闘訓練が行われた。
CCTV軍事報道の映像では輸送機に猛士突撃車を積み込む様子や投下された装備として猛士突撃車、 63式107mmロケット砲迫撃砲、87式榴彈發射器。また敵防空ミサイル陣地を攻撃する様子が見られる。

2018年8月13日 CCTV軍事報道

スポンサーリンク
レクタングル(大)