中国、商業準軌道ロケット双曲線1号の打ち上げに成功

9月5日13時、酒泉衛星打ち上げセンターは、双曲線1号の検証ロケット(SQX-1Z)を打ち上げた。
ロケットは3つの立方体衛星を搭載し、予定軌道に入った後、2つの立方体衛星を順次解放して準軌道検証飛行を行い、その内の1つをパラシュートで降ろして回収する。






双曲線1号商業準軌道ロケットは、北京星際栄燿科技有限公司が開発し、今回打ち上げたのは、その検証モデルであり、この型の実験が成功して市場に進出した後に、小型衛星と衛星コンステレーションの商業発射サービスを提供する。
2018年9月5日 装備科技
スポンサーリンク
レクタングル(大)